経営戦略としての企業買収

弊社は、各事業部の収益を資源として、企業・事業を買収することで、安定的に成長しています。

企業・事業買収投資の目的・効果・リスク回避策

①【目的】既存事業の拡大・事業の多角化
不採算事業を買収し、「経営コンサルティングのノウハウ」および「数学・物理学・金融工学を駆使した高度な分析力」を用いて、その不採算事業の課題を解決することで、収益化を実現しています。

②【効果】収益化までの時間の短縮
地域に店舗を自ら設置しようとすれば、建物の賃借、改装工事、従業員の雇用および 取引先開拓など多くの手間と時間がかかります。企業・事業買収を実施すれば、そのような事業立ち上げの時間および労力を省くことができます。また、優秀な人材やノウハウなどを獲得できるだけではなく、自社で人材を育成したり、ノウハウを積み上げたりする時間も短縮できます。

③【リスク回避策】負債・簿外債務リスクの回避
不採算事業の損益計算書や貸借対照表は、必ずしも実態を正確に反映していない負債リスクだけはなく、連帯保証人などの簿外債務リスクも存在します。それらのリスクを完全に回避するために、企業買収を選択するのではなく、事務手続が煩雑になりますが、基本的に事業買収を選択します。

Return Top